食品添加物の恐怖|髪にも悪い!普段の生活で日常的に摂取している添加物について

健康ブーム中で食事についてかなり関心を持ちなるべく体に良いものを選んで、害になるようなものは避けるように気を付けている人は多いのではないでしょうか?
とは言っても、今は全く食品添加物が含まれず自然で安心できる物だけを選んで食べるというのは、自給自足の生活をするしか方法がないのかもしれません。
食品添加物=悪、害と思われがちですが、食品添加物がないと今の食生活はできないはずで、そのおかげですぐに腐ってしまう物を殺菌したり長持ちさせる効果があり、見た目も形もきれいい整えることが可能なのです。
ですから、まったく食品添加物に頼らずに生きていくと言うことは難しく、必要以上にに避ける必要もないのです。

しかし、やはり食品添加物をたくさん摂り過ぎることは体に悪く、健康を害する原因なることは間違いありません。
考えてみると食品添加物がたくさん含まれていそうな食品は、たくさん食べると体に悪いと言われている物ばかりで、やはりおいしいもの=食品添加物が多く含まれるという考えも間違いではないようです。
ようはバランスの問題で、全く取らないと言うことではなく摂り過ぎないということが大切です。

実は食品添加物をたくさん摂取することが髪や頭皮にも悪影響を与えると言うことが分かっていて、ポテトチップスなどの油と食品添加物が多く含まれる食品はもっとも悪いと言われています。
想像してみてください!一日中パソコンの前に座りゲームをしながらポテトチップスやコーラ、カップラーメンを食べ散らかしている人たちの頭皮は薄くべたっとしているとイメージできませんか?
こんな食品添加物がたっぷり含まれた物ばかり食べていると、血行が悪くなり毛根に栄養が行きわたらないのです。
結果、髪が細くなりやがて抜けてしまうと言うことになります。

普通の生活のかなでも添加物は知らず知らずのうちに摂取しているもので、髪の健康が気になる人はなるべくコンビニ弁当やファーストフード、外食を避け野菜中心に自炊に切り替えましょう!
まったく食品添加物を摂取しない食生活は難しいのですが、なるべく少なくする努力は必要なのかもしれません。