髪にも悪い喫煙の様々なリスクについて調べました!

煙草は体に悪いと分かっていても、依存性が高いので何十年も吸い続けているという人も少なくありません。
しかし、そんな愛煙家と呼ばれる人たちのほとんどが、きっかけがあれば禁煙がしたいと願っているのですから驚きです。
禁煙したいと思いながらもなかなか成功しないのは、余計にストレスになり煙草への依存が強くなることになりかねません。

煙草が健康に与える影響について色々な場面で耳にするようになり、子供でも煙草は体に悪いと言うことを知っているほどです。
この煙草の健康への害は癌や心筋梗塞、動脈硬化などの死につながる可能性がある病気だけではなく、髪の健康にも大きな影響を与えているのです。
ですから、薄毛に悩む人は直ちに禁煙をし健康な頭皮と髪の毛のために食生活や生活習慣も見直すべきです。
煙草を吸うと血管が委縮し血流が悪くなり、体に様々な問題が起こるのですが、この時当然頭皮の血流も悪くなるのです。
頭皮の血流が悪くなるということは、十分な栄養が毛根まで行きわたらず髪は痩せやがて抜け落ちたしまい、頭皮には栄養が足りないので、抜けてしまった毛穴からも新しい髪の毛は生えて来ず、薄毛はどんどん進行することになります。
野菜や花なども土に栄養がないと結局痩せ細り枯れてしまいますよね?頭皮もこの土と同じように十分な酸素と栄養がないと健康な髪の毛を育てることができないのです。

また、薄毛の原因になると言われているDHTという物質があるのですが、喫煙を続けると普通の人よりも分泌量が増えると言うことが分かっています。
血流が悪くなることに加えて髪が抜ける原因物質が増えるのですから、薄毛がどんどん進行しやがてハゲテしまうのは当然ですよね!
煙草は百害あって一利なしとも言われる通り、体に良いことは一つもありません!最近は禁煙外来なども増え、無理なく煙草を止められる人が増えたようです。
無理な禁煙は何十年も煙草を吸ってきた人にとってはかなりのストレスになり、逆に抜け毛が進行してしまう可能性があるので、ポイントは無理のない禁煙方法を見つけると言うことです。
健康な体と髪の毛のためにも、そろそろ禁煙してはいかがでしょうか?